ガンバ大阪、ナチス連想の旗で謝罪 なぜ「政治的意図」ないのに酷似?

J-CASTニュース / 2017年4月21日 18時47分

サッカーJ1・ガンバ大阪のサポーターが、ナチス親衛隊のシンボルマークを連想させるフラッグを掲出したとして、クラブは2017年4月20日、謝罪するとともに「当事者が判明次第、厳正な対応を行います」と発表した。21日には、G大阪公式戦での「全ての掲出物禁止」も発表した。G大阪には過去に類似のケースがあったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング