400人の村、議会廃止検討…村議なり手が不足

読売新聞 / 2017年5月3日 8時56分

人口約400人の高知県大川村は、村議会(定数6)を廃止し、地方自治法に基づいて有権者らが村政を審議する「町村総会」を設置する検討を始めた。 現在、65歳以上の高齢者が人口の43%を占める高齢化と急激な人口減で村議のなり手が不足しており、代替手段を模索することにした。同法は3日に施行70年を迎えるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング