台湾で不妊治療、卵子提供受け110人誕生

読売新聞 / 2017年5月7日 8時43分

不妊治療のため、台湾で卵子提供を受ける日本人女性が急増しており、2014~16年の3年間に少なくとも177人に上ることが読売新聞の調べでわかった。 出産した女性は96人、生まれた子どもは110人いることも判明した。台湾では卵子提供の実施を法的に管理しているものの、生まれた子どもに「出自を知る権利」を認めていないなどの問題もある。 台湾当局が認定した生殖医療機関77施設(1月3日現在)に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング