写真

「次官・若手プロジェクト」チームが作成・公表した「不安な個人、立ちすくむ国家 ~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」(資料は経済産業省の公式ウェブサイトからダウンロード)

「2度目の見逃し三振はもう許されない」。経済産業省の有志チームが、日本社会の課題について65枚のスライドにまとめた資料の表現が話題になっている。 他にも「『昭和の人生すごろく』のコンプリート率は、既に大幅に下がっている」「子ども・若者の貧困を食い止め、連鎖を防ぐための政府の努力は十分か」など、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング