1831年の大地震、佐賀ではなく福島で発生か

読売新聞 / 2017年5月20日 18時35分

1831年( 天保 ( てんぽう ) 2年)に佐賀県で起きたとされるマグニチュード6・1の地震が、実際は福島県で発生した可能性があるとする研究成果を、京都大の加納靖之助教(地震学)がまとめた。 千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で22日、発表する。 この地震は、天保期の見聞をまとめた「天保雑記」で紹介。31年10月16日(旧暦)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング