【あの時・竹原慎二奇跡の勝利】(1)世界奪取後に入院「死ぬかと…」

スポーツ報知 / 2017年5月20日 13時0分

22年前の1995年12月19日。当時23歳の竹原慎二(沖ジム)が、ボクシング史に輝く日本人最重量級での世界タイトル奪取に成功した。日本人として初めてWBA世界ミドル級王座に挑戦。5度目の防衛戦だった王者ホルヘ・カストロ(アルゼンチン)から3回に左ボディーブローでダウンを奪うなど圧倒し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング