夕張メロン初競り、2玉150万…地元で給食に

読売新聞 / 2017年5月26日 9時5分

北海道を代表する夏の味覚「夕張メロン」の初競りが26日、札幌市中央卸売市場で行われ、2玉150万円で競り落とされた。 昨年は、国の「地理的表示(G1)保護制度」に道内で初めて認証されたこともあり、2玉300万円の過去最高値を付けたが、今年は例年並みに落ち着いた。落札した「蔵重商店」(札幌市)の渡会和雄本部長は「自信はなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング