屋久島沖で発見の小袋200個、中身はヘロイン

読売新聞 / 2017年7月9日 9時56分

鹿児島県・屋久島の安房港(屋久島町)沖合で6月に見つかった小袋計200個(約70キロ)に入った白い粉末がヘロインだったことが、第10管区海上保安本部(鹿児島市)などによる鑑定でわかった。 10管や同県警などは、違法薬物の洋上取引が行われた可能性もあるとみて、不審な船舶の有無などを捜査している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング