パチンコの出玉、3分の2に抑制へ…依存症対策

読売新聞 / 2017年7月10日 21時1分

警察庁は10日、ギャンブル依存症対策として、パチンコの出玉を現行の3分の2程度に抑制する方針を明らかにした。 風俗営業法の施行規則と遊技機規則を改正する。パチンコの出玉規制は2004年以来となる。 改正案では、4時間の遊技での勝ち金について、5万円を下回るように設定する。また、1時間の出玉率を現在の3倍以下から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング