東京・青海ふ頭では「アカカミアリ」1000匹

読売新聞 / 2017年7月14日 22時38分

環境省と東京都は14日、東京港青海ふ頭(東京都江東区)で、毒を持つ外来種のアリ「アカカミアリ」1000匹以上を発見したと発表した。 今月3日に同港大井ふ頭(品川区)でヒアリが見つかったのを受けて同省職員らが青海ふ頭を調べていたところ、コンテナ置き場の舗装の亀裂でアリを発見し、殺虫剤入りの餌を設置した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング