閉鎖の「奈良監獄」今後はホテルに…1万人見学

読売新聞 / 2017年7月17日 11時34分

1908年(明治41年)に「奈良監獄」として建設され、今年3月末に閉鎖された重要文化財・旧奈良少年刑務所(奈良市般若寺町)で16日、刑務所の姿をとどめた内部が一般公開され、約1万人が見学に訪れた。 今後、改装工事を経て、ホテルや史料館として生まれ変わる。 明治政府の技師だった山下啓次郎が設計した赤れんが建築の建物。「五大監獄」(奈良、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング