写真

輸入の急増で牛肉にセーフガードが発動された(画像はイメージです)

政府が米国産などの冷凍牛肉に対し、2017年8月1日から緊急輸入制限(セーフガード)を発動した。18年3月末まで、38.5%だった関税率が50%に引き上げられる。輸入増加に歯止めをかけて国内の農家を守るための措置だが、外食産業への影響が懸念されるほか、日米通商摩擦の火種になる懸念もある。セーフガードとは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング