写真

男子400メートルリレー決勝、苦痛に顔をゆがめるジャマイカのアンカー、ウサイン・ボルト(中央)(12日)=鈴木毅彦撮影

陸上の世界選手権ロンドン大会第9日は12日、男子400メートルリレー決勝が行われ、日本(多田修平、飯塚翔太、桐生 祥秀 ( よしひで ) 、藤光謙司)は38秒04で3位に入り、銅メダルに輝いた。 世界選手権では初のメダル獲得。 英国が37秒47で初優勝を飾った。ジャマイカはアンカーのウサイン・ボルトがレース中に脚を痛めて途中棄権し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング