「徴用工に個人請求権」…文大統領、見解を変更

読売新聞 / 2017年8月17日 22時3分

【ソウル=宮崎健雄】韓国の 文在寅 ( ムンジェイン ) 大統領は17日、就任100日の記者会見で、日本統治時代に朝鮮半島から動員された「徴用工」の日本企業への個人請求権は消滅していないとする見解を示した。 請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとする日本の立場と相いれないだけでなく、徴用工の補償は同協定で解決済みと結論づけた韓国政府の見解まで覆すものだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング