NHK「731部隊」ドキュメントに反響 中国外務省が異例の論評

J-CASTニュース / 2017年8月17日 19時52分

旧満州(中国東北部)で細菌兵器の開発を進めていたとされる旧日本軍の「731部隊」(関東軍防疫給水部)をめぐるNHKのドキュメンタリーが反響を広げている。 番組では、戦後に731部隊のメンバーを旧ソ連が裁いた軍事裁判の様子を収めたテープを発掘。中国人の囚人に細菌を感染させたり、わざと凍傷を負わせたりする人体実験の様子が語られた。中国外務省は番組について「日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する」と異例の論評をした。 「ハバロフスク裁判の音声記録」を公開 番組は「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」と題して8月13日に放送され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング