夏の甲子園、1大会最多本塁打記録を更新 天理・山口が61号

スポーツ報知 / 2017年8月20日 11時5分

◆第99回全国高校野球選手権第12日▽準々決勝天理―明豊(20日・甲子園)天理が初回に2本塁打6点の猛攻。山口乃義(3年)が放ったソロが、2006年の大会通算60本を更新する61号となった。天理は1回2死満塁から森本翔大(3年)の左適時打で2点を先制すると、続く安原健人(3年)が大会60号となる3ランをバックススクリーンへ。さらに攻撃の手を緩めず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング