秩父市議「いい女を求めるなら金を稼がないと」 「女性蔑視」批判出て委員長を辞任

J-CASTニュース / 2017年9月12日 19時15分

「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」。埼玉県秩父市の冨田俊和市議(70)が会合でそう発言したところ、「女性蔑視」との指摘があがった。冨田氏は責任を取って2017年9月11日、常任委員会の委員長を辞任した。 インターネット上では発言を「下品だな」と非難する書き込みもあるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング