消えない信号機、東海で整備進まず…費用ネック

読売新聞 / 2017年9月18日 16時43分

台風や地震などの災害で停電しても、表示の消えない非常用電源付き信号機の整備率が東海3県で2・4%にとどまっていることが、読売新聞のまとめでわかった。 南海トラフ巨大地震で大きな被害が想定される静岡県の8・9%を大きく下回る。専門家は「いつ起きるかわからない災害に備え、早急な整備が必要だ」と指摘する。 「気をつけて進んでください」。8月7日夕、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング