全日空機、「緊急事態」宣言し着陸やり直し

読売新聞 / 2017年9月21日 13時30分

21日午前9時頃、宮崎発大阪(伊丹)行き全日空502便(ボーイング737―500型)が、大阪空港への着陸直前、油圧系統の計器に異常が見られたため、着陸をやり直した。 乗客乗員約120人にけがはなかった。着陸後、機体を点検したところ、三つある油圧系統のうち一つで油量が正常値の3分の2に減っており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング