上司を殴り死亡させた被告、正当防衛認め無罪

読売新聞 / 2017年9月22日 21時54分

上司の男性を殴って死亡させたとして、傷害致死罪に問われた山口県周南市の元配管工斎藤誠被告(45)の裁判員裁判で、東京地裁(園原敏彦裁判長)は22日、被告の正当防衛を認め、無罪(求刑・懲役8年)とする判決を言い渡した。 斎藤被告は昨年11月13日に東京都北区の宿泊施設で、上司の配管工上石孝志さん(当時56歳)の顔を何度も殴り、外傷性くも膜下出血で死亡させたとして起訴された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング