EU、北への独自制裁で基本合意…送金制限強化

読売新聞 / 2017年9月22日 22時52分

【ブリュッセル=横堀裕也】欧州連合(EU)は21日に開いた加盟各国の大使級会合で、北朝鮮に対する新たな独自制裁として、北朝鮮への送金制限を強化することなどで基本合意した。 北朝鮮労働者の収入が核開発などに流用されるのを防ぐ狙いだ。北朝鮮からの旅行者も対象とし、ビザ(査証)の発給要件を厳格化する方針でも一致した。EU筋が読売新聞に明らかにした。 EUは10月16日に予定される外相理事会での正式採択を目指し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング