【佐藤優コラム】米が「核」と「中距離ミサイル」容認の可能性

スポーツ報知 / 2017年9月24日 12時0分

9月20日午後(日本時間21日未明)、米国ニューヨークで行われた国連総会で安倍晋三首相は一般討論演説を行い、北朝鮮への対応に関して「必要なのは対話ではない。圧力だ。全ての核・弾道ミサイルを、完全、検証可能かつ不可逆的な方法で放棄させなくてはいけない」と強調した。安倍首相が述べているのは正論だ。しかし国際政治において世論が通らない場合も多々ある。北朝鮮は8月29日と9月15日に日本上空を飛翔する弾道ミサイルを発射し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング