FX業者にサイバー攻撃、直前に予告し金銭要求

読売新聞 / 2017年9月24日 9時22分

外国為替証拠金取引(FX取引)を取り扱う企業を狙い、サーバーなどに大量のデータを送り付ける「 DDoS ( ディードス ) 攻撃」を仕掛けると脅し、金銭を要求する「ランサム(身代金)DDoS」と呼ばれるサイバー攻撃が相次いでいることが分かった。 攻撃は今月14日以降立て続けに確認され、サイトの閲覧や取引に障害が出ており、セキュリティーの専門家らが警戒を呼びかけている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング