舛添要一氏、小池新党に「支離滅裂、キツネとタヌキの騙し合い」ツイッターで指摘

スポーツ報知 / 2017年9月26日 11時0分

前東京都知事の舛添要一氏(68)が26日、自身のツイッターを更新し、小池百合子都知事(65)が設立と代表就任を宣言した国政新党「希望の党」についての見解を示した。舛添氏は「安倍首相の解散表明、小池新党立ち上げから一夜が明けた」と書き出し、「政局解散、政局新党、国家百年の大計はどうするのか?ポピュリズムの特色は『改革』を叫ぶことだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング