米国務省、ユネスコ脱退表明…オブザーバー国に

読売新聞 / 2017年10月12日 22時59分

【ワシントン=黒見周平、パリ=作田総輝】米国務省は12日、米国が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ、本部・パリ)から2018年末で脱退すると発表した。 脱退後もオブザーバー国として関与するとしている。 同省は声明で、脱退の理由について「ユネスコは(放漫財政など)根本的な組織改革に取り組まず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング