高校106人、大学104人の計210人がプロ志望届提出し締め切り

スポーツ報知 / 2017年10月12日 20時48分

日本高野連と全日本大学野球連盟は12日、プロ入りを希望する選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切った。高校106人、大学104人の計210人が届け出た。26日のドラフト会議で指名対象となる。高校生は強打者ぞろい。歴代最多とされる高校通算111本塁打を放った清宮幸太郎(早実)。捕手の中村奨成(広陵)は今夏の甲子園で個人1大会最多記録を更新する6本塁打をマークした。安田尚憲(大阪・履正社)らの3人には1位指名の期待がかかる。大学生投手では東大の15年ぶりの勝ち点に貢献した宮台康平、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング