仮想通貨取引所の元代表、預かり金詐取容疑

読売新聞 / 2017年10月18日 7時0分

ビットコインと並び、代表的な仮想通貨の一つとされる「リップル」の取引所の元代表が、客から預かった現金をだまし取っていた疑いが強まり、警視庁が、詐欺容疑で逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材でわかった。 18日にも逮捕する方針。この取引所は客から現金を預かった直後に破綻し、返金されていない被害総額は1億円に上るという。同庁は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング