安倍首相、野党批判「看板を変えればデフレはなくなるのか」

スポーツ報知 / 2017年10月19日 7時0分

安倍首相は18日、重点選挙区とした埼玉7区など同県内4か所、新人候補を立てた東京10区(豊島区など)で応援演説を行った。情勢調査で圧勝が伝えられる中、政権奪取から約5年間でのアベノミクスの実績や、北朝鮮問題について触れた。希望の党を中心とした野党再編については「当選したいために批判ばかりする。政党もコロコロ変わる。看板を変えればデフレはなくなるのか」と批判した。JR上尾駅周辺は聴衆で埋め尽くされたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング