小池代表、希望捨てず「最後まで戦い抜きます」

スポーツ報知 / 2017年10月20日 7時0分

希望の党代表の小池百合子都知事(65)が19日、都庁で定例会見を行い、今回の衆院選における勝敗ラインを設定せず、今のところ代表辞任の検討は「まだ早すぎる」と述べた。各メディアで与党の安定多数と、希望の失速が報じられている現況。公示前は会見場にあふれていた報道陣も、この日は空席もちらほら。小池知事も「もう一息という候補者が多い。今後集中して回りたい」と希望の劣勢を認めた。だが党名の通りまだ希望は捨てていない。「まだ戦いの最中ですから、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング