若狭さん「逆風吹いた」…福田さん「後悔せず」

読売新聞 / 2017年10月23日 13時57分

失速して伸び悩んだ希望の党と、公示前から3倍以上に躍進した立憲民主党。 合流・分裂のドタバタの末、衆院選を戦った野党の「審判の日」の結末は、くっきりと明暗が分かれた。候補者や党幹部らの悲喜こもごもを追った。 ◆「受け皿が分断」 「知事選、そして都議選と2連勝だった。今回は完敗ということをはっきり申し上げたい」。公務で出張中のパリで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング