定年制は「人材をムダに捨てている」? 廃止や延長の動き広がる

J-CASTニュース / 2017年10月24日 7時0分

定年を延長して65歳以上にしたり、定年制度そのものを廃止しようとしたりする企業が増えている。少子高齢化が進む中、大きな経営課題ともなっている人手不足の解消や経験豊かなシニア層を活用しようという狙いだ。 日本生命保険は2017年8月、21年度から従業員の定年を現在の60歳から65歳に引き上げる方針を労働組合に示した。約1万5000人が対象になるという。生保業界では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング