神鋼、最終利益見通しを撤回…「未定」発表

読売新聞 / 2017年10月30日 15時55分

神戸製鋼所は30日、検査データ改ざん問題を受けて、これまで350億円としていた2018年3月期の連結最終利益の見通しを撤回し、「未定」とすると発表した。 予定していた中間配当も見送る。 一連の不祥事に伴う損失の規模が不透明なためだ。17年9月中間連結決算では、売上高は前年同期比11・3%増の9070億円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング