京都市「宿泊税」可決…民泊も対象、最大1千円

読売新聞 / 2017年11月2日 14時11分

京都市議会は2日、すべての宿泊施設の利用者に1人1泊200~1000円の「宿泊税」を課税する条例案を賛成多数で可決した。 市は、実態把握が難しい民泊については、仲介サイト運営業者に徴収業務を担わせる方針で、米最大手「Airbnb(エアビーアンドビー)」と交渉を開始。来年10月を予定する条例施行までに合意し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング