暗殺の「陰謀を感じる」…レバノン首相が辞意

読売新聞 / 2017年11月4日 21時15分

【カイロ=本間圭一】中東の衛星テレビ局「アル・アラビーヤ」は4日、レバノンのハリリ首相が4日、テレビ演説で辞意を表明する映像を伝えた。 詳細は不明だが、首相は「私の命を奪おうとする陰謀を感じる」と述べ、暗殺の危機に言及した。地元メディアによると、首相はサウジアラビアに滞在しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング