東芝、パソコン・テレビから撤退検討…近年縮小

読売新聞 / 2017年11月9日 17時18分

経営再建中の東芝は9日、パソコン事業とテレビ事業からの撤退を検討すると表明した。 来年3月までに結論を出す。それぞれ東芝を代表する事業だったが、近年は海外勢との競争に苦戦し、縮小していた。 パソコンは現在、中国の工場で生産し、国内では「ダイナブック」として販売している。「レグザ」で知られるテレビは生産からほぼ撤退しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング