再崩落の危険性、いまだ徐行運転…近鉄生駒線

読売新聞 / 2017年11月11日 15時8分

台風21号によって奈良県三郷町の近鉄生駒線沿いの住宅地斜面が崩落した影響で、同線は今も周辺で徐行運行が続いている。 再崩落の危険性があるためだが、私有地で、近鉄や行政は本格復旧には積極的に介入できていない。現場は、県の開発許可を受けた業者が造成後、3度補修が行われた経緯があり、住民側は「県にも責任があるのでは」と主張する。県は「 瑕疵 ( かし ) はない」との立場だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング