東芝、テレビ事業を中国企業に129億円で売却

読売新聞 / 2017年11月14日 22時48分

東芝は14日、テレビ事業を中国家電大手の海信集団(ハイセンス)に売却すると発表した。 東芝は国内初のカラーテレビを開発・販売した老舗ブランドだが、苦戦が続くテレビを切り離して、経営再建を進める。 テレビ事業を手がける子会社「東芝映像ソリューション」の株式の95%をハイセンス傘下でテレビなどを手がける事業会社に2018年2月末にも約129億円で売却する。東芝のテレビ事業は本業のもうけを示す営業利益が17年3月期まで6期連続で赤字だった。東芝は売却に伴い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング