セ新人王「記者投票」の結果に疑問噴出 「根拠を説明するべき」

J-CASTニュース / 2017年11月21日 15時48分

プロ野球の最優秀新人賞(新人王)を選ぶ記者投票の結果が、インターネット上で物議を醸している。セ・リーグの有効投票数286のうち、阪神の大山悠輔(22)に49もの票が集まったのだ。今季のセ・リーグ新人王に輝いたのは、208票を集めた中日の京田陽太(22)。今季10勝を挙げ、京田と新人王を争うとみられていたDeNAの濱口遥大(22)は27票にとどまった。つまり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング