白鵬が謝罪、協会審判部から厳重注意処分…62秒間居座った11日目の嘉風戦に

スポーツ報知 / 2017年11月23日 16時31分

◆大相撲九州場所12日目(23日・福岡国際センター)大相撲の横綱・白鵬(32)=宮城野=が23日、日本相撲協会審判部から厳重注意処分を受けた。11日目の嘉風戦で、寄り切られた後に自ら手を挙げ待ったを主張。土俵下で62秒間居座るという横綱らしからぬ問題を起こした。審判部の呼び出しを受けた白鵬は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング