改ざん、9か月公表せず…三菱マ子会社出荷続く

読売新聞 / 2017年11月24日 22時28分

非鉄金属大手の三菱マテリアルの竹内章社長は24日、記者会見を開き、子会社が2017年2月に製品データの改ざんを把握しながら、10月下旬まで問題製品の出荷を続けていたとして「多大な迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と陳謝した。 公表まで約9か月かかったことになり、批判が強まりそうだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング