レアなポケモンをゲット…鳥取砂丘に1万5千人

読売新聞 / 2017年11月25日 7時33分

鳥取砂丘(鳥取市)で24日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を楽しむ大規模イベントが始まり、午後3時現在で1万5000人が訪れるにぎわいとなった。 26日まで。 鳥取県は昨年、歩きスマホなどの危険性も指摘されるポケモンGOを思う存分に楽しめるとして、鳥取砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」と宣言。今回の期間中は「バリヤード」や「アンノーン」など珍しいポケモンをゲットできるという。 平井伸治知事が「砂丘に早急(さっきゅう)にゴー」とだじゃれで開会宣言。砂丘までの臨時バスは一時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング