深刻な正社員不足、過去最高の49.1%に上昇

J-CAST会社ウォッチ / 2017年11月25日 17時0分

企業の人手不足がますます深刻化している。帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2017年10月)」によると、正社員が不足している企業は49.1%と5割近くに達した。11月22日に発表した。3か月前(17年7月)から3.7ポイントの増加で、前年同月と比べると、7.3ポイントも増えた。2006年5月の調査開始以降で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング