今季のセ・リーグ最優秀中継ぎ投手賞に輝いた阪神・桑原が800万円からほぼ6倍の4500万円でサイン。 開幕から「勝ちパターン」の継投の一角を担い、67試合登板で防御率1・51と安定感を発揮し、中継ぎ投手陣の軸に成長した。昨季は一軍での登板がなかっただけに「(今季は)大変だった」と苦笑いし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング