山口県議会の平岡望県議(44)(自民党、下関市区)が1日夜、下関市内で開かれた地元議員らとの酒席で男性市議(69)を押し倒し、左足首の骨を折る全治2か月の重傷を負わせていたことがわかった。 男性市議は「刑事告訴も辞さない」と話している。 関係者によると、酒席は自民党下関支部の会合後に開かれ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング