「ここまで侵入していたのか」知床にアライグマ

読売新聞 / 2017年12月8日 8時55分

世界自然遺産になっている北海道・知床の知床岬で、特定外来生物のアライグマが自動撮影カメラで撮影されていたことが、自然保護に取り組む「知床財団」への取材で分かった。 これまでも目撃したという情報はあったが、生息が確認されたのは初めて。アライグマは雑食性で繁殖力が強く、知床財団や環境省は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング