羽生結弦、コメントを発表「通常の捻挫よりも治りが長引く…」

スポーツ報知 / 2017年12月13日 15時33分

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯開幕前に公式練習で右足関節外側靱帯を損傷した羽生結弦(23)=ANA=が13日、日本スケート連盟を通してコメントを発表した。小林芳子強化部長が本人のメッセージを代読した。「通常の捻挫よりも治りが長引く靱帯を損傷していることが分かりました。今後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング