大谷、右肘じん帯損傷していた? 米で衝撃報道 エ軍GMは「MRIで兆候ない」

スポーツ報知 / 2017年12月14日 8時0分

メジャー二刀流を目指す大谷翔平投手(23)について、米ヤフースポーツが衝撃的なニュースを報じた。「右肘の内側側副じん帯を損傷していた」というのだ。10月に自身から採取した血小板を使って修復を図る「PRP注射」による治療を受け、症状は最も軽度とした。前日に、米スポーツ・イラストレイテッド誌(電子版)が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング