藤井四段、A級棋士に初勝利「自信になった」

スポーツ報知 / 2017年12月16日 7時0分

将棋の藤井聡太四段(15)が15日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第11回朝日杯オープン戦2次予選で屋敷伸之九段(45)に勝ち、公式戦で初めてA級棋士を撃破した。屋敷は藤井が挑む最年少タイトル記録(18歳6か月)を保持する実力者だが、冷静にリードを守って鮮やかに寄せた。大きな壁を乗り越えた藤井は「公式戦の舞台でA級の先生に勝てたのはとても自信になりました」と静かに勝利をかみ締めた。名人挑戦者を決める順位戦でA級は最も上のクラスで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング