「とちおとめ」韓国に海賊版…勝手に交配し輸出

読売新聞 / 2017年12月18日 7時59分

日本で開発された農産物のブランド品種が海外で無断で栽培、販売されている事例が相次いでおり、農林水産省は対策を強化する。 2018年度に東アジアを中心に本格的な実態調査に乗り出す。開発者の権利を保護する品種登録を現地で行うことも支援する。無断栽培を阻止し、日本産の輸出拡大を目指す。 日本では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング