写真

尖閣諸島の周辺地図。接続海域を中国軍艦が通過した

日本政府は「緊張を高める行為」などとして中国側に厳重抗議したが、中国側は領有権を主張し、抗議を受け入れなかった。これは「いつも通り」の流れだが、有力中国メディアのひとつは、領有権の主張は曲げないものの、日本側が実効支配していることは認めるなど、従来と比べて抑制的な論調を展開した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング